*

For Whom Exist The Olympics?  オリンピックは誰のもの?の巻

個人的にオリンピックは好きでもあり嫌いでもあり・・・

嫌いと言ってしまう理由は、どうも感情移入し過ぎて号泣してしまうからであり、オリンピック絡みのTV番組でのコメンテーター様方の無責任極まりないコメントに憤りを感じてしまうからであります。

 

で、ふと考えてみました。

オリンピックとは誰のためのものなんだろ?

 

sochi

 

国のため?

ワタクシのような一般観衆のため?

選手のため?

 

まずは、一般観衆のためのものだったら、素晴らしい演技を観戦するためには、ちゃんとお金払わなきゃダメでしょ? もしくは、オリンピックの前からちゃんとサポートしてなきゃダメでしょ?じゃなければ、ただの『タダ食い』でしょ??タダ食いしてる癖に美味しいだの不味いだの言うって、やっぱりおかしいよ。実際、我々は何も支払ってないし、日ごろから選手のためのサポートをしているって方もいらっしゃるとは思うけど、圧倒的に少ないよね?

(補助金や報奨金の基は税金じゃないかー!って言う方もおられるかと思いますが・・・)

 

じゃあ、オリンピックは、国がその国の国民を喜ばせるためにお金を出して開催するものなのだろうか?

それぞれの参加国のためのものだという考え方があるから、国別のメダル数を競ったり、ライバル国の選手を必要以上に批判したり無視したり、ヒドイ場合には、『転んで欲しかった』とか『失敗して欲しかった』などというコメントを公衆の電波に乗せてしまうのを躊躇しない人間がいても批判やら謝罪の対象にはならないんだろうと思ふ。

 

言うなれば、代理戦争ってやつ。国威発揚のためってやつです。

そーゆー側面もあるからこそ、オリンピックを大々的に利用した政治家もいた訳だしね・・・。

コメンテーターの皆様やインタビュアーの皆様も、「日本のために頑張ってください!」とか、「我々日本の国民全員が期待してます!」とか試合前の選手に平気で言ってしまえるのは、こーゆー側面があるからこそ。

 

選手は、その国の国民が、その国民であることを誇れるためにメダルを獲る。

だから、メダルを獲って当然。そして獲れなかったら落胆→批判って形になる。

 

 

これがワタクシが声を大にして「オリンピック好きです!」って言えない理由だったりする。だって、ワタクシもただの『タダ食い』してる人間の一人だからね。

 

間違えないで欲しいのは、単純に、競争がいけないとか、国同士が争うことが嫌だって言ってる訳じゃないよ。

 

先日も言ったけど、一番じゃなきゃダメってのがどうしてもしっくりこないのだ。

 

もちろん、世界で一番になるためには、天賦の才能もしかりだけど、本当にそれこそ文字通り、血の滲むような努力が必要だから、本当に価値があることだと思う。それに、同じ土俵で、というか決められた同じ基準で複数の人が何かをやれば、当然のことながら優劣が出る。その場合には、一番を目指さなくてどうする?って思うよ。二番じゃダメなんですか?って言える人の気持ちは分からない。

 

だから、選手が一番を目指すのは当然のことだと思う。

オリンピックは、それこそ晴れ舞台だし、選手は頂点を目指して毎日切磋琢磨しているんだと思う。

 

でもね、見ている側がそれを当然だって思うのは、やっぱり違うと思うんだよね。

 

ショートプログラムで自分の力を発揮出来なかった浅田真央選手の気持ちは、一般人のワタクシの想像を絶するものだったに違いない。でもね、きっと、あれで何か吹っ切れたんだと思うな。だから、翌日のフリーで自己最高得点を上回る142.71ポイントを取った会心の演技を終えた直後に溢れ出した彼女の感情は、とっても理解できたし、ワタクシも号泣してしまった。

 

asadamao

フリーの演技を終えた後の浅田真央選手
日本経済新聞2月21版より

 

そして、金メダルを獲ったロシアのアデリーナ・ソトニコワ選手の演技は本当に素晴らしかったし、銀メダルのキム・ヨナ選手も素晴らしかった。特に、キム・ヨナ選手が自分の得点が1位のソトニコワ選手の得点に及ばなかったと知った時に見せた笑顔に惹かれた。

 

オリンピックとは、選手たちがライバルとの戦いというより、自分との戦いに勝つか負けるかの真剣勝負の場所なんだって思った。

 

やっぱり、そんな素晴らしい選手たちの真剣勝負を見させてもらっている我々に必要なのは、選手に対するリスペクトの気持ちだと絶対に思う。

 

選手に対するリスペクトがあれば、無責任な発言なんてできないはずだ。無責任な発言や必要以上の期待は選手に余計な心の負担を与えてしまうからね。10代の若い選手の活躍が目立ってるけど、オリンピック選手を食い物にしている国や国民に汚される期間が短ければ短いほど、選手は自分との戦いだけに純粋に目を向けていられるからなんじゃないかなとも思ったりする。

 

そして、浅田真央選手は、もうマオちゃんではない。浅田真央選手と呼ぶべきだと思うよ。

世界中の目が集まる緊張の中で、自己ベストを上回るフリーの演技をした浅田真央選手に最大のリスペクトと最大の喝采を捧げたい!

 

そうそう、そんな浅田真央選手がフリーの演技の時に着ていた衣装は「青」でした。英語の記事だけど、サムライジャパンのユニフォームが何故に「青」なのか?っていう記事が我々のサイト2 Hours Drive From Tokyoに書かれているので、是非読んでみて欲しい!
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ

 

 

FavoriteLoadingAdd to favorites

Google Adsense

関連記事

m_140202

『おもてなし』について改めて考えてみた!の巻

昨日でソチの冬季オリンピックも終了。 そこで改めて、日本、もとい、東京が2020年のオリン

記事を読む

eigo

My name is Rei Saionji は間違っているのか?の巻

今朝のフジTVの朝の情報番組『とくダネ!』 http://www.fujitv.co.jp/toku

記事を読む

catwashingitsface

招き猫の謎を探る!の巻

英語が得意じゃない日本人の読者から『日本語でも書いてくれ!』という要望書を頂いたので、日本語でも同じ

記事を読む

chou

誕生日に思ふ・・・

時の経つのは本当に早いもので。 この前、お節料理を食べたと思ったら・・・あっという間にもはや7

記事を読む

iguana-72342_640

日本は変な国なのか?の巻

ダイバーシティという言葉を聞くと『お台場シティー』しか思い浮かばない西園寺です。  

記事を読む

Yoshida_Kenko

世に従はないの巻

世に従はん人は、先づ、機嫌を知るべし。序悪しき事は、人の耳にも逆ひ、心にも違ひて、その事成らず。さや

記事を読む

hashirimizu_beach_01

潮干狩りのすゝめ

If you want to read this article in English please

記事を読む

joyanokane

VIVA 煩悩!!の巻

今日ごとに 今日や限りと 惜しめども またも今年に あひにけるかな 藤原俊成  (新古今和歌集)

記事を読む

isumi_railway01_61 (1)

鉄子の仲間入りをしてみた!の巻

If you want to read this article in English, pleas

記事を読む

koshi

タルを知る!の巻

孔子觀於魯桓公之廟、有欹器焉。 孔子問 於守廟者曰「此為何器?」 守廟者曰「此蓋為宥坐之器。」

記事を読む

Google Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Google Adsense

Can you imagine
A Solemn Ceremony at Convenience Stores

I am always told by the manager to

a robot which (who) works as a receptionist
Photo by Josh McKible
Which do you prefer, a robot or a man?

In the last article, I wrote about

construction
Before You Get Married To A Japanese Man

If you are a regular reader of my b

When it needs power, the smoke becomes very black with fly ash
Photo by Navis Argenti
the 2015, the ‘Loco’-motivated year

I had a chance to see a marvelous s

Illuminated Meguro River for Christmas in Nakameguro area
Photo from
The Year of 2014 is ending..

Today, it is the last day of 2014.

→もっと見る

  • 2HDFT_hedder

    • Name (necessary)

      Mail Address (necessary)

      Subject

      Questions

    • Would you like to support a film-making on Japanese culture?
    • Japan from a point of view of a Belgian friend
    • Are you curious to see a Vlog of a friend who is inspired by Japanese music?
    • Wanna purchase beautiful photos for your rooms?
    • Wanna know more about Japan?
    Follow

    Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

    Join other followers:

    PAGE TOP ↑