*

誕生日に思ふ・・・

公開日: : 最終更新日:2014/07/01 日本語

時の経つのは本当に早いもので。

この前、お節料理を食べたと思ったら・・・あっという間にもはや7月。

いつもながら、かなり大げさではありますが、ほんのちょっと前までは、東京に豪雪が降ったぞ!なんて言っていた気がするのはワタクシだけでせうか?

年をとると時間の経つ加速度が増すと巷では言われてはいるものの、こんなにも早くなるとは!

 

とは言うものの、去年の7月1日から今年の7月1日にかけての1年間は、今までかつでない程の急激な変化を体験しましたが、自分で自分の息の根を止めることもなく、1年を無事に過ごすことができました。

ってか、1年前のイベントで、V系イケメンのT氏とミニライブ競演(笑)をしたことが嘘のようです。

T氏

V系イケメンのT氏

 

そもそも、このブログは、続 西園寺通信と言うタイトルをつけて、あたかも前身の西園寺通信から続いているかの如く思えますが、以前のブログから続けて読んでくれている方はとっても少ないと思うわけで・・・。

以前のアメブロ(既にお蔵入りにしました)とは、全く異なる趣旨で書いている上に、言語まで変えてしまっているので、リアルな西園寺を知る人は、本日のように、たま~に書く日本語の記事のみ読んでくれているかもしれませぬ。

本日は、そんな貴重な方々のためだけに書いております(笑)

7月1日を迎えるにあたり、思うことは、結局のところ、人は一人では生きていけぬものだなーということでございます。

現在、東京から2時間で味わえる『リアルジャパン』を探すぜ!というコンセプトのもとに、2 Hours Drive From Tokyo というサイトに記事を書き連ねておりますが、開設から約半年が経ち、おかげさまで50カ国以上の方々からアクセスして頂くようになり、サイトやらTwitterやらを通じて、見ず知らずの、行ったこともない国の方々と交流ができることをホントに嬉しく思っており、頂くメッセージに励まされながら前進しております。

このサイトや続 西園寺通信を始めて良かったことは、今までは『当たり前』と思い、取り立てて調べようともしなかったことを改めて調べてみるようになったこと。知らなかった事実や発見がゴロゴロと出てくることに日々、新鮮な驚きを感じております。『知ったつもり』ってのは、想像以上に怖いものだなーということを実感しております。まさに、興味は種だな!

 

また、2 Hours Drive From Tokyoを書くようになって、東京生まれ東京育ちのもやしっ子(もはや子ではないけれど・・・)のワタクシが、だんだんと脱皮をしております。

脱皮其の一:虫が好きになって触れるようになった。
脱皮其の弐:磯辺のイソギンチャクにも触れるようになったし、しかもかわいいとまで思うようになった。

2 Hours Drive From Tokyoでは、Missionというコーナーを設け、記念すべき第一回目として、潮干狩りに行ってきたのですが、なんと、人生初めての潮干狩り体験でございました。このMissionのコーナーは、残念ながらまだ第一回しか行われていないのですが、今後は、滝修行、海釣り(鯛を釣ってみたい)、とんぼ獲りに挑戦したいと思っております。

リアルな西園寺を知る人限定ですが、あの西園寺が虫取り網を持ってとんぼを追いかけている様を想像して微笑んでやってください。

 

という訳で、国もそうですが、人間、変化が重要であります。

もちろん、変わらない方がよいコアな部分もありますが、時には既成概念を捨てて、変化をすることの重要さが身にしみて分かって参りました。

変化とは、変化をする前には非常に怖いものであったりしますが、変化してみると、案外、その事前の恐怖は杞憂だったりすることも多いことにも気づきました。

旧グラマーズの皆様にも、変化を恐れず、古い自分に言い訳せず、今まで被っていた皮を脱ぎ去る勇気を持って欲しいなーと思っております。もしかすると、とんでもなく美しい蝶に変身してしまうかもしれませぬぞ。

 

chou

FavoriteLoadingAdd to favorites

Google Adsense

関連記事

koshi

タルを知る!の巻

孔子觀於魯桓公之廟、有欹器焉。 孔子問 於守廟者曰「此為何器?」 守廟者曰「此蓋為宥坐之器。」

記事を読む

catwashingitsface

招き猫の謎を探る!の巻

英語が得意じゃない日本人の読者から『日本語でも書いてくれ!』という要望書を頂いたので、日本語でも同じ

記事を読む

joyanokane

VIVA 煩悩!!の巻

今日ごとに 今日や限りと 惜しめども またも今年に あひにけるかな 藤原俊成  (新古今和歌集)

記事を読む

Hakuraimoushin

舶来盲信の時代は去れり?の巻

醒めよ人! 舶来盲信の時代は去れり 酔はずや人 吾に国産 至高の美酒 サントリーウ井スキー

記事を読む

20140215-00000208-yom-000-1-view

世界で一番!の巻

夜がめっきり弱いワタクシ(笑)は、朝のNHKのオリンピックまとめ番組で男子フィギュアスケートのフリー

記事を読む

Yoshida_Kenko

世に従はないの巻

世に従はん人は、先づ、機嫌を知るべし。序悪しき事は、人の耳にも逆ひ、心にも違ひて、その事成らず。さや

記事を読む

charmant_winery_02

ワインはお洒落な飲み物なのか?の巻

養老二年(AD718)僧行基が甲斐の国を 訪れたとき、勝沼の柏尾にさしかかり、日川の渓谷の大石の上で

記事を読む

akadama

続 舶来盲信の時代は去れり?の巻

アー楽しかった!アカダマで元気をつけてあしたもすべろ・・・。きょう1日の大活躍を夜ダンロそばで語りあ

記事を読む

kaki

たかが干し柿、されど干し柿!の巻

干し柿は柿の果実を乾燥させた食品で、ドライフルーツの一種である。ころ柿(枯露柿、転柿、ころがき)、白

記事を読む

bluebird

出羽守について考えてみた!の巻

出羽の起源は、708年(和銅元年)9月28日に、越後国に設置された出羽郡である。712年(和銅5年)

記事を読む

Google Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Google Adsense

Can you imagine
A Solemn Ceremony at Convenience Stores

I am always told by the manager to

a robot which (who) works as a receptionist
Photo by Josh McKible
Which do you prefer, a robot or a man?

In the last article, I wrote about

construction
Before You Get Married To A Japanese Man

If you are a regular reader of my b

When it needs power, the smoke becomes very black with fly ash
Photo by Navis Argenti
the 2015, the ‘Loco’-motivated year

I had a chance to see a marvelous s

Illuminated Meguro River for Christmas in Nakameguro area
Photo from
The Year of 2014 is ending..

Today, it is the last day of 2014.

→もっと見る

  • 2HDFT_hedder

    • Name (necessary)

      Mail Address (necessary)

      Subject

      Questions

    • Would you like to support a film-making on Japanese culture?
    • Japan from a point of view of a Belgian friend
    • Are you curious to see a Vlog of a friend who is inspired by Japanese music?
    • Wanna purchase beautiful photos for your rooms?
    • Wanna know more about Japan?
    Follow

    Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

    Join other followers:

    PAGE TOP ↑